米国のM女性が書いた緊縛本!

縛られたい人の入門書

恐らく世界初、
緊縛の受け手による受け手のための本が
出版されました!

『縛られたい人の入門書』

著者はEvie Vaneさん。米国のM女性です。
翻訳は櫻井ゆき♥

正直、翻訳の話をいただいた時は、
ゲイシャ!フジヤマ!みたいな内容だったら
どうしようかと思っていたのですが(笑)

読んでびっくり!
日本人が書いたんじゃないかって思えるくらい
とてもしっかりした内容でした!!

パートナーに出会う方法、
さまざまな緊縛のシチュエーション、
受け手に役立つ7つのスキル、などなど…
翻訳しながらすごい勉強になりました(笑)

もちろん、緊縛がいかに危険であるかも
しっかり説明してあります。
緊縛のリスクをしっかり把握したうえで、
事故の危険性をゼロに近づけるための方法を
あらゆる面から解説しています。

欧米の緊縛界でかなり評判がいいというのも
納得です!!

Amazon Kindle の販売リンクはこちら

緊縛は、茶道や華道と同じように、
日本が誇る文化だと思います。

微力ながら、文化交流の手助けが出来て
なんだか嬉しい♥

文化や心に国境なんてないんだなぁと、
つくづく感じました♪

こうして世界中に
交流の場が広がりますように (*^ ^*)

関連記事

NO IMAGE

書きたい想い

NO IMAGE

安易な緊縛は本当に危険!

NO IMAGE

『縄に魅せられて』

NO IMAGE

蛍光緊縛アートの無料キャンペーンが始まりました!

NO IMAGE

神威十兵衛さんにインタビューさせていただきました☆

NO IMAGE

『縛られたい貴方のための緊縛レッスン』