米国源泉税30%を徴収されないために

KDPアカウントには、「税に関する情報を登録する」項目があります。
ここで言う「税」とは、日本ではなく米国の源泉税のことです。

Amazonは米国の会社なので、書籍が米国で売れた場合、
印税の30%が米国源泉税として自動的に徴収されてしまうのです!

そうならないように、「税に関する情報」を正しく登録して、
米国に納税する義務がないことを証明する必要があります。

ちなみに、日本国内で販売された書籍に関しては、
米国源泉税は徴収されません。

だったら関係ないような気もしますが、
でも、意外と海外でも何冊か売れたりするものなのです。
日本好きの海外の方のみならず、
海外在住の日本人が購入してくださる場合もありますし、
写真集でしたら言語は関係ありませんよね。

一度登録すれば済みますので、
お時間のあるときに是非、済ませておいてください。

注)日本の消費税は、
「税に関する情報」がどのような状態であろうと、
日本国内で販売された書籍の印税から自動的に徴収されます。

では、「税に関する情報」を登録して参りましょう。
アカウントの登録時では、以下から登録画面に入ります。

アカウント登録を完了させた後でも、以下から登録画面に入ります。

「変更が保存されていません」と表示されますので、
「保存して続行」で次に進んでください。

「税務情報に関するインタビュー」が表示されますので、
それぞれ、「個人」「いいえ」を選択することになるかと思います。

次の質問は少々分かりにくいのですが、
あなたは代理人ではなくて本人ですので「いいえ」になります。

次に税務上の身元情報を入力します。
フルネームは、本名をローマ字で入力してください。
税務情報なので、本名でないといけません(もちろん、これが外に漏れることはありませんのでご安心を)。

最後に、TIN(納税者番号)を持ってるかどうかの確認がありますので、
「私は米国以外のTINを持っています」を選択して、マイナンバー(12桁の個人番号)を入力してください。

「税制上の居住国」を「日本」に設定し、「確認」ボタンをクリックします。

次にローマ字で署名し、「保存してプレビュー」をクリックします。

すると W-8BEN(納税者情報のフォーム)が表示されますので、
問題がなければ「フォームを送信」をクリックします。

「インタビューを終了」ボタンをクリックしたら終了です!

源泉徴収率が 0% になっているか確認してくださいね。

ちなみに、私が電子書籍出版を始めた頃はマイナンバーがなかったので、
米国のIRSに国際電話をかけてTINを入手しなければなりませんでした。

国際電話ですよっ(汗) Hello? ですよっっ(汗)
メールでは受け付けてくれないのです。
FAXは受け付けてくれるという情報がありましたが、
FAXを送ってもまったく返事がなくて、
結局、意を決して国際電話かけちゃいました!!

なんとかTINを入手しても、今度はそれを米Amazonに知らせるために、
IRSフォームW8-BENの書類を郵送する必要がありました。

そこまでしてやっと、税に関する情報の登録が完了したのです。

マイナンバーを使用して、すべてオンラインで完了できる今となっては、
あの苦労は何だったんだろう……という感じです。

以上、昔(と言ってもほんの数年前)の苦労話でした(笑)。

関連記事

電子書籍ファイルの作成方法

KDPアカウントの登録方法

いよいよ出版申請

表紙の作成

表紙の適正サイズ

KDP セレクトって何?